TRUE ARK 著者(管理人)の証と紹介


TRUE ARK 著者(管理人)の証と紹介

当サイトへご訪問頂きありがとうございます。私は首都圏に住んでいる、プロテスタントのクリスチャンであり、当サイトの運営や、ほとんどの記事の執筆を行っています。(一部、協力スタッフによる執筆もあります。)

私はもともと、ノンクリスチャンの家庭で育ちました。若い時はサーフィンに没頭し、とにかく楽しんで生きることが人生の全てで、聖書や宗教には全く興味がありませんでした。しかし、20代の前半に、自己中心的な欲望ではなく、愛によって生きることの大切さを知る機会に恵まれ、それまでの行いを悔い改めるようになりました。

そしてそのときに、私に聖書の教えを紹介してくれる大切な人と出会ったことが、私がクリスチャンになるキッカケとなりました。そして私は、聖書や、聖書に関わる色々なテーマへの探求を始め、徐々に聖書が本当に神の言葉であることを理解するようになりました。

例えば、聖書の預言を調べていく時に、大昔に記されてきた詳細な預言が、人類の歴史にことごとく成就してきた、という事実を知りました。そして、それを理解した時に、聖書に書かれている預言―神からの数々の約束は、全て実現するのだ、という確信が、次の聖句と共に、私に与えられました。

「雨や雪は、天から降って、もとに戻らず、地を潤して物を生えさせ、芽を出させて、種蒔く人に種を与え、食べる人にパンを与える。11 そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、わたしのところに、空しく帰って来ることはない。それは、わたしが望むことを成し遂げ、わたしが言い送ったことを成功させる。」(イザヤ55:10~11)

また、私の心と価値観を大きく変えたのは、この世界が進化によって生じたものではなく、創造主である神によって造られた、という真実を知った時でした。その時、私の中には、「私が神によって造られた存在なのであれば、造られた目的に従って生きよう」という思いが、自然に湧き上がってきました。

「はじめに神が天と地を創造された。」(創世記1:1)

そして、創造主なる神が、ただ人間を創造しただけでなく、私達を罪から救うために、独り子であるキリストを捧げてくれたことを知り、神の大きな愛に心を打たれました。その時から、今に至るまで、神の愛を疑ったことは、一度もありません。

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」(ヨハネ3:16)

その後、数年経ってから、私は自分が属していた教団の教えに、重大な誤りがあることに気づくようになり、その教団が、異端の教団であることに知りました。それからは、聖書全体の教えを学び直し、自分が信じてきたあらゆる信条をリセットしていきましたが、三位一体の教えについては、受け入れるまでにかなりの時間と労力を費やしました。

また、聖書の教えを再考していく中で、自分にとって最大の試練となったのが、聖書の霊感性を否定する、自由主義神学でした。かつての異端の教団では、聖書が神の言葉であることを教えられていましたが、外部の世界では、それを否定する様々な学説があることを、その時に初めて知ったのです。

しかし、聖書全体の教えや、他の啓示宗教との比較等、多角的な視点で考察することを通して、再び聖書に対する確信を抱くようになりました。つまり、聖書に書いてある歴史や記録が全て真実であること、それゆえに、イエス・キリストだけが、私達を罪から救い、永遠の命を与えれるお方だということをです。

「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれも父のみもとに行くことはできません。」(ヨハネ14:6)

そして、その時に与えられた確信が、当サイト「TRUE ARK」を始めるキッカケとなりました。日本中の人々に、真理を広く伝えていきたい、という熱い思いが与えられたのです。

今後とも、主が再び来られるその時まで、TRUE ARKの運営を通して、たくさんの人々に、神の愛と聖書の言葉を伝えていくことが、私の変わらぬ願いです。

最後までお読みくださりありがとうございました。当サイトを訪れる全ての読者の方々が、生ける神との出会いを体験し、信仰において豊かに成長していくことができますよう、心よりお祈りしています。

TRUE ARK 管理人より

※1 現時点では、諸事情のため、サイト上での実名の公開は控えております。
※2 当サイトの神学的立場についての概要は、こちらに記載しています

あわせて読みたい

13件のフィードバック

  1. 小島拓朗 より:

    ここに行き着くまでの経緯を少し説明させて下さい。

    父方の曾祖父は天皇に近い立場の宮司、祖父は浄土真宗の僧侶、母方の祖母も浄土真宗の僧侶、父は無神論者、母は変な宗教、そして僕は元無神論者→成績もスポーツも仕事も優秀ですべての生活に満足→親友自殺する→何してもうまくいかなくなる→躁うつ病と診断される→プロテスタントである今の妻がずっとサポートしてくれる→何とか復活→お金を稼ぎたいのでビジネスを考える→ビジネスは単純に人を幸せにする力が大きければ成功すると気づく→人を幸せにするには?→世界と日本の歴史を一から勉強する→神の存在って実は大きいんじゃないか?→んじゃどんな神様でも良いのか?→どうやら違うらしい→どうやら聖書がすごそうだ→今ここです。

    頭でっかちなので進化論とかが頭の大部分を占めていた為、今までそれを変える事が出来ませんでした。ヴェルナー・ギット博士のyoutubeも拝見して更なる理解が深まりました。

    実はまだ聖書をきちんと読んだ事がありません。これからじっくりと読み進めたいと思います。こちらのサイトもとても参考になりそうです。ありがとうございます!

    • true-ark より:

      コメントありがとうございます。大変、興味深い背景をお持ちですね、小島さんが、神様とその真理へと導かれてきたことを感じます!神が創造主であることを知ることは、信仰への大切な一歩ですね、ぜひ、引き続き、学びを楽しんでくださいね!

    • 三島 より:

      TRUE ARKさんのサイトもとても頭に入りやすいので、私はこちらのサイトもかなりの人やサイトで紹介させてもらいました。

      下の動画も要点を抑えたとても理解しやすい動画なので、このサイトの動画も全て観てみられてはどうでしょうか。

      ↓ 【日本人の知らない聖書の真実 第9回 罪の支配 人と獣】
      進化論の間違いや罠も話しています。
      https://www.youtube.com/watch?v=XNmRV6jpRMw

  2. 124S より:

    クリスチャンホームに生まれましたが、兄の自殺がきっかけで信仰を捨てました。
    神は愛とか耐えられない試練は与えないとか綺麗事にしか聞こえず、聖書の言葉も何も響きません。
    ヤコブの様に神と戦ってぶっ飛ばしたいと思いますが、今の時代そうはいかないみたいですね。

    何となく懐かしくなってこのホームページにきました。

    • true-ark より:

      お兄様の自殺は大変お辛かったですね、
      でも、こうして、このサイトに来ていただいたということは、きっとまだ、心のどこかで、神様を信じたいお気持ちがあるのだと思います。
      神の愛は変わりません。神は、124Sさんが、再び、神様に心を向ける時を待っておられますよ。

      ※神様は、世界を創造されただけでなく、今なお、その存在を保っているので、もしも、神様をぶっとばしたら、全てが消えてしまいますね。

  3. 清左衛門 より:

    立派なホームページですね。
    他のホームページで、どのような団体が作ったのか、良くわからないものもあります。
    管理人の証が書いてあるのでちょっと安心しますが、異端がどこか、ちょっと分かりません。
    聖書の疑問で、死後の世界の聖書的根拠として、「金持とラザロの話」が書かれています。
    私は、これはたとえ話しで、死後の世界をイエス様が語ったのではないと思います。
    http://www.thebible.jp/
    このアドレスの中で、「ラザロと金持ち男」というところで説明されています。

    • true-ark より:

      コメントありがとうございます。紹介いただいたサイトのプロフィールを拝見しましたが、たしかに、異端かどうか、よくわからない内容ですね。
      ポイントは、神について何を教えているか、救いについて何を教えているか、あたりを見て、ご判断されるのが良いと思います。

      ラザロの話については、当サイトよりも、以下の別のサイトにて、より詳しい解説がございます。合わせてご参照くだされば、イエスが語った真意がわかると思います。
      https://gospel-jw.com/doctrine-hell/#i-8

  4. より:

    このような記事を観れたのも神様のお導きだと信じて疑いません
    私は父が牧師で大学生の現在でも信仰生活をしていますが、やはり信仰生活は難しいものです
    しかし、truearkさんの記事は非常にわかりやすく、若者でも楽しんで見ることができます
    現在教会や学校でtruearkさんの記事を観ながら勉強会を行なっています!
    さらに多くの記事を心より期待しています!

    • true-ark より:

      コメントありがとうございます!当サイトが、南さんの、信仰の励みになれたことを神に感謝します。また勉強会などにも用いていただいていることについて、大きな励みを受けました。今後共、有益な情報を発信していきたいと思います。 

  5. K.hirata より:

    信仰歴40年の高齢者です。私も、進化論の間違いに気づき信仰を持ちました。私はどこから来て何処へ行くのか分からなかったのですが、今は、最終目的地がハッキリしており、平安が与えられています。エホバの証人からの脱出には大変なエネルギーを使われたでしょうね。これからもご活躍されますようにお祈りします。

    • true-ark より:

      励ましのコメントありがとうございます!進化論の間違いは、かなり大きな問題ですね。hirataさんが、創造主への信仰に導かれたことを神に感謝します。学びが祝福されますように。

  6. ジャック より:

     素晴らしい証をありがとうございました!!  私は幼き頃からのクリスチャンでしたが、高校時代に高圧的な指導者と出会ってつまずき、その後そこを離れた直後にTrue arkさんと同様に自由主義神学と出会うという似た試練を経験しているので、何だか我のことのように思ってしまい思わず読み入ってしまいました。

     ヨハネの黙示録に登場する7つの教会の内の最後の教会ラオデキヤ教会。 現代はそのラオデキヤ教会の時代。その究極の形とも言える自由主義神学が広がる現代社会に生きながら今はもう本当に終わりの時代なのだなとイエスキリストの再臨を待ち望みながら考える事が最近多いです。  

    • true-ark より:

      コメント感謝です!ジャック様も、同じところを通られたのですね、しかし、こうして、真理に対する希望をいだきながら、主の再臨を待ち望む者として立たれていることを、神に感謝します。共に、主の栄光に与ることができますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です