イエス・キリストの誕生が凄すぎる★救世主の預言を成就して誕生した歴史上唯一の人物


イエス・キリストの誕生が凄すぎる★救世主の預言を成就して誕生した歴史上唯一の人物

メリークリスマス!今年もクリスマスのシーズンになりました。クリスマスは本来キリストの誕生をお祝いする祝祭ですが、今回の記事では、キリストの誕生がいかに凄いことなのかを力説していきたいと思います👍どうぞ最後までお付き合いいただければ幸いです!

和暦と西暦

皆さんは、いつ生まれましたか?
私の場合、西暦では1983年です。

西暦は、キリストの誕生した年を基準にします。これは世界のスタンダードになっています。1983年ということは、キリストの誕生後、1983年してから私が生まれた、ということです。それに反対する人はいるのでしょうか?いるかもしれません。世界中の人が、イエスを救世主として信じているわけではないからです。

しかし、信じるか信じないかにかかわらず、結局はキリストの誕生年が、世界基準になりました。つまり、イエスだけが、世界の歴史を二分にするに値する人物として認められた、ということです。逆に、イエス以外の誰かにするとしたら、ほかに誰がいるでしょうか?いないのでしょう。実際、CHATGPTに、世界に最も影響を与えた人物の上位十人を聞くと、第一位にはやはりキリストが挙げられます。

また、「キリスト」という言葉は実はイエスの個人名ではありません。それはギリシア語で「救世主」を意味するクリストスという言葉から来ており、個人の名前ではなく「称号」です。つまり、信じるかどうかにかかわらず、世界中の人がイエス・キリストと呼ぶとき、それは「イエス・救い主」と呼んでいるのですが、このような称号で世界中で呼ばれている人もまた、歴史上イエスだけです。

生まれたときから決まっていた

さて、イエスがキリストであることは、実は彼が生まれた時から決まっていました。日本の例で考えると、天皇になれるかどうかが生まれた瞬間から決まっているのと同じです。皇族以外の家で生まれるどんな日本人も、決して天皇にはなれません。

この世界の救世主と呼ばれることについても、同様です。誰かが自分の努力や能力によって、この世界の代表者、救世主になることはできません。確かに、素晴らしい功績を残した偉人はたくさんいます。しかし、実際に救世主という特別な地位で呼ばれるかどうかは、生まれたときから決まっていたのです。

皆さんの中で、人類を救う救世主の出現についての古代からの予言を成就する形で生まれてきた人はいるでしょうか?あるいは、キリスト以外で、そのような人物は知っているでしょうか?

世界の歴史には、多くの偉大と呼ばれる人物がいます。
仏陀、孔子、ムハンマド、アレキサンダー大王、エジソン、アインシュタイン、など、色々な人物がいます。しかし、これら偉大と呼ばれるどんな人物を見ても、その誕生が、救世主の出現として預言されてはいませんでした。

また、イエスの時代以後、自らをキリストと同等、あるいはそれ以上だと自負する人間がたくさん起こってきました。近代では、統一教会の文鮮明、幸福の科学の大川隆法、オウム真理教の麻原彰晃、などです。しかし、彼らの誰も、そのような人物ではないことは自ずと明らかになりました。

実際には、初めから無理があったのです。なぜなら、どんな古代文書も、どんな著名な預言書も、彼らが救い主として生まれることを預言していなかったからです。生まれた瞬間からすでに決まっていたのであって、後から名乗ることは全く不可能なのです。

実際には、古代から続く唯一の著名で信頼できる預言書は、人類史の中で聖書だけであり、聖書だけが救い主となり得る特定の人物の出現を明らかにしてきました。(古代から現代にまで時代を超えて世界中で読まれてきた書物も聖書だけであり、人類史を通しての圧倒的ベストセラーも聖書です)そして、イエス・キリストだけが、彼が生まれる四千年前から続いてきた救世主の出現についての預言を、完全に成就する形で生まれてきたのです。つまり、誕生の瞬間から、彼が救世主~つまりキリストと呼ばれるようになることは決まっており、ほかの誰も、彼に代わりにはなれないこともまた決まっていたのです。

救い主~キリストについての聖書預言

聖書の救い主についての預言は、その誕生について次のことを予告していました。

  1. 救世主は、イスラエル人、ユダ部族・ダビデの家系から生まれる(第一歴代誌17:10-14)
  2. 救世主は、貧しい家から生まれる(イザヤ11:1-2)
  3. 救世主は、ユダヤのベツレヘムというダビデの町で生まれる(ミカ5:2)
  4. 救世主は、紀元40年頃までには出現する(ダニエル9:24~27)
  5. 救世主の出現に伴い、一つの星が上がる(民数記24:17)
  6. 救世主は、処女から誕生する(イザヤ7:14)

人類の歴史上、ユダヤ人の歴史上、人類を救う人物として、これらすべての預言の通りに生まれた唯一の人物は、イエス・キリストでした。これこそが、イエスの誕生が今日、世界の暦となっている唯一の本質的な理由です。

一つの星が上がる

イエスの誕生の時、夜空に一つの星が上がりました。それは、救い主の誕生に伴って現れることになっていた、特別な星でした。その星は、誰にでもわかるものではありませんでしたが、天体をよく観察している専門家には、はっきりと識別できるものでした。

そして、当時の東方、おそらくバビロンの地域にいた天文学者たちには、それがわかりました。彼らは、その星の出現を通してはっきりと識別しました。

「ユダヤ人の王、救い主がお生まれになった」

彼らは、その王を礼拝するために、数百キロもの道のりを何日もかけて旅し、ユダヤに向かいました。エルサレムについたとき、そこにいる当時の王ヘロデに、彼らはこう尋ねたのです。

「ユダヤの人の王としてお生まれになった方はどこにいますか?
私たちはその方の星を見たので、拝みにきました」

ヘロデ王やエルサレム中の人々は大きく動揺しました。彼はすぐさま、ユダヤ教の専門家たちを集めて、メシアーつまり救い主がどこで生まれるかを確認しました。専門家たちは一様に答えました。

「ユダヤのベツレヘムです」

天文学者たちが、ヘロデ王からその答えを聞いて町を出ると、あの星が再び現れて彼らを先導し、イエスがいる家の上に来た時に、星はその場所で留まりました。それを見たときに、天文学者たちはこの上もなく喜びました。なぜなら、彼らついに目の当たりにしようとしていたからです。ユダヤ人と全人類のための救い主、世に来られたまことの光をです。

メリークリスマス!
天文学者たちが味わった「この上もない喜び」は、彼らだけのものではありません。それは、イエスの誕生の意味を知るすべての人のためにあります。

イエスこそが、悠久の時を経て神が約束して来られた救い主であること、その降誕を通して私たちを深く愛する神の恵みと真実が現れたことを知るなら、この上もない喜びはあなたのものであり、その喜びは永遠にあなたから取り去られることはありません。

神はあなたを救い主へと導いて下さる

なぜ、特別な星が上がったのでしょうか?
それは、天体とその星々を創造した神が、私たちを救うために、この世界に介入されたからです。

天地の創造主である神は、天文学者たちを、天体を通して救い主へ導きました。神は、彼らに合った方法で、彼らを導いたのです。

あなたは本を読むのは好きですか?
ぜひ本を読んで下さい。聖書を読んでください。特に福音書を読んで下さい。神は本を通して、あなたが救い主を発見できるよう導いてくれます。

あなたは霊的な世界に関心がありますか?
ならば、祈って下さい。そうすれば、神はあなたを祈りを通し、あるいは夢や幻を通して救い主へ導き、永遠のいのちを与えてくれます。

最近、イスラエルとハマスが戦争をしてきました。
どんな戦争も好ましくはありませんが、そのような悲劇の中にあっても、素晴らしい出来事がありました。なんと、ガザに住んでいるパレスチナ人200人以上に、夢や幻の中でイエスが次々に表れて、みんながイエスを救い主として信じるようになりました。ハレルヤ!彼らは、戦争で家族や多くのものを失って打ちひしがれている状態だったようですが、そこへイエスが現れ、彼らに生きる希望を与えたのです。
JESUS APPEARS IN GAZA: HUNDREDS OF MUSLIMS CONVERT | The Incredible Miracle

なぜ、夢や幻の中にイエスが現れたのでしょうか?
それは、イエスは十字架にかけられたのち、復活し、今も生きているからです!

あなたは、物事を探求したり調べたりするのが好きですか?
神はあなたを、確固たる証拠を通して、救世主が誰であるかを示してくれるでしょう。

リー・ストロベル、という米国の無神論者のジャーナリストがいました。ある日、彼の妻がクリスチャンになってしまったので、妻の信仰を覆す証拠をつかむために、イエスについて調査し始めました。しかし、聖書の中のイエスについての記録の信ぴょう性と、復活が歴史的事実であったことを否定できなくなり、ミイラ取りがミイラになってしまいました。つまり、彼はクリスチャンになってしまいました!

リー・ストロベルの証言

あなたは、肉の目ではなく、心の目を開いて物事を見る人ですか?
イエスはあなたに言ってます。
「見ないで信じる者は幸いです」

証拠がなくても、星がなくても、あなたは今、心の目でイエスを見ることができます。
心を開いて、このことばを聞いて下さい。

“神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。 17 神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。” ヨハネ3章16節

読者の方々、世界中の方々に、クリスマスの祝福が豊かにありますように!

 

最後に、キリストの誕生を、歴史小説の形で楽しめる「キリストの誕生物語」をご紹介します
https://true-ark.com/christmas-story/

聖書に記録された歴史的事実を元に、
キリストの誕生の様子を物語調に描きました。
また、単にストーリーを楽しむだけでなく、
歴史的背景や聖書の教え・預言の解説を随所に入れ、
キリストの降誕にどれほど深い意味があるのかを
読者の方々がしっかりと理解できるよう工夫しています。

◆なぜ東方の博士たちはメシアの星だとわかったのか?
◆マリヤへのお告げに込められた意味とは?
◆キリストに関する預言にはどんなものがあるのか?
◆なぜユダヤ人はキリストを待望んでいたのか?
物語を読みながら、こうした点についても理解することができます。ぜひクリスマスの読み物として御覧下さい♪

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です