ドリーン・バーチューがイエスに出会い、オラクルカードをやめる


オラクルカード・タロットカードの制作や、天使、自然現象、聖天した聖人(アセンデッド・マスター)に関する多数の書籍の執筆で知られるドリーン・バーチュー。スピリチュアルの世界のグルとして、世界的に有名な彼女だったが、2017年1月7に参加した教会の礼拝で、イエス・キリストとの超自然的な出会いを体験する。

彼女が見たイエスは言葉で表現できないほど輝いており、彼女がそれまでの人生で出会った天使たちとは全く異なっていた。この体験を通して、ドリーンはイエスをただ信じるだけでなく「知る」ようになった。

そして、イエスが神の御子であり、聖書が神の霊感による書物であることを確信し、オラクルカードや占いや天使とのチャネリングから足を洗った。ドリーンの体験談は、彼女の活動やスピリチュアルに関心を持つ全ての人にとって、とても興味深いものとなるはずだ。ぜひ、動画をご覧いただき、ドリーン自身の証に耳を傾けてもらいたい。

 

あわせて読みたい