コロナウィルスの癒し〜イエス・キリストによる絶望的重症からの劇的な回復


コロナウィルスの癒し〜イエス・キリストによる絶望的重症からの劇的な回復

今回紹介するのは、コロナウィルス感染による絶望的な重症状態から、劇的な癒しを体験した患者さんの話であり、病院の集中治療室で働く友人から実際に聞いたものです。イエス・キリストが偉大な癒し主であることを教えてくれる素晴らしい証ですので、ぜひお読みください!

絶望化していくコロナの症状

コロナで重症になってしまった若い患者さんがいました。人工心肺ECMOと最大限の薬や人工呼吸器サポートで生命をなんとか維持していました。しかし、治療を続けるも、肺の悪化は止まらず、とうとう医療の限界。肺移植しか生き延びる方法がないと診断されていました。

10月に入り、肺移植のドナーの検査がその方と適合しないことが判明し、もう絶望的と言われてきました。家族はベッドの横で泣き崩れ、助けて下さいどうか、どうかお願いしますと土下座して叫んでいました。

私は家族と話し、医療は限界でも、イエス様が必ず癒してくれること、毎日祈っていることを約束しました。自分は勤務の毎にその方に手を置いて、聖書の約束通り、イエス様の名前でいやしを命じました。何も目の前の状況は変わらなく、ただ、信仰によって命を流し続けました。

その最中、医師からは状態は厳しいと再度診断されました。しかし、突然その日はやってきました。

考えられない程の急激な肺の回復

その診断の日を境に、もう戻らないとされた肺が突然回復し始めました。まず、潰れてしまって空気の入ることがなかった肺が一気に膨らみ、酸素の取り込みを再開しました。さらにECMOのサポートを一時的に停止させても自分の肺で酸素を取り込む力が十分にあることが分かり、一気にECMOを取ってしまう手術がなされました。

CT検査では、驚くほど肺が回復しており、肺移植は必要ないと診断されました。一番悪かった時に撮った時のCT画像と比較すると、その違いは凄まじいです。呼吸の機能を表す血液データも絶望的な数字から一気に正常化へと転じました。

医師は、「考えられない程の回復。不可逆と考えられた肺の突然の急激な回復。」と記載しました。カルテには医療現場ではまず見ることのない記載が記録されています。

その方は目覚め、まだ最小限の人工呼吸器のサポートを必要としてはいますが、家族とも再会し、約2ヶ月ぶりに話すことも出来ました。先日は車椅子へも移ることが出来ました。

スタッフの間でもなんで急にここまで??と混乱が起こっています。そこにいたスタッフ全員がもう死んでしまうかも、と危機迫っていた時に、唯一、神様と私だけはイエスキリストが約束の通り癒してくれたことを見ていました。

主に栄光あれ。

その後の経過〜癒しを通してイエスを信じる

コロナで肺の癒されたその方はもう人工呼吸器も要らなくなり、点滴も不要になりました。そして、その後のある夜中、本人へイエス様のことを証し、癒しも体験された彼女はそのままイエス様を受け入れられ、一緒にローマ10:9-10のところからお祈りをして、新しく生まれ変わりました。
「なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われるからです。10 人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。」
死へと向かっていて話ができなかった状況からの奇跡的な癒しを経て、こうして証をして、イエス様の血潮によって救われる、、、主を心から褒めたたえます。退院したら教会に参加したり聖書も学ぶように勧めました。

別のコロナ重症患者も癒しと救いを受け取る

また、別のコロナで死にかかっていた重症な方も祈って伝道した際に、わんわん涙を流されて救いを受け取られました。ゆっくりでしたが肺の癒しを受け取られ、先日別のリハビリ病院へと移っていかれました。
主に感謝します!

J・T

※プライバシー保護のため、実名等の個人を特定する情報の掲載は控えさせていただきますが、確かに私の友人が直接体験した本物の証であることはお伝えさせていただきます。

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. 三島 より:

    コロナ死か、コロナ感染者だと診断すれば医師か病院に家が建つ程のお金が入るようだとコロナはやらせだと言う記事に書いています。
    実際にコロナで死亡したという証拠は遺体解剖をしていないので分かりません。
    回復しても後遺症が酷い人もいるとゆう記事もありましたが疑問です。

    コロナは悪魔主義者達が何十年も前から計画している事を時が来たので実行に移しているそうですからね。
    それはいつの時代でも天皇と関係している印象を私自身は受けています。
    昭和には世界大戦
    平成には金融恐慌
    令和にはコロナパンデミック
    11月8日に皇室の立皇嗣の礼がありましたが、その日にターゲットを合わせたかのように、小池百合子都知事は10月30日に都民のPCR検査を1日6万件に引き上げています。
    そして立皇嗣の礼を挟んで数日間で東京都のみではなく他の県でも8月以来の感染者を出していることも偶然には思えません。
    一例として、
    11月7日の東京都の感染者242名
    11月10日は296名
    11月12日は393名
    特にひどい県では、自粛要請がされた北海道では5日連続で3桁の感染者を出しています。
    全ては完全に感染者数はコントロールされている証拠だとみています。
    PCRを発明したキャリーマリス氏は、感染症の検査に使用してはいけないと訴えたらコロナ直前に謎の死(2019年8月7日没)。
    PCRのサイクルをいじれば陽性者は多く出るようで、現地では陰性なのに海外からの渡航者の日本での検査では陽性になる人が多いそうです。

    10月には自殺者2千名超え、昨年比39%増し。
    多くの外食産業も2割、2.5割以上もの減収で一部の店舗を閉店しているようです。
    なのに都知事や内閣の答弁を聞いているとまるで他人事の印象。
    と言うよりも何か知っているのでは!!?
    「コロナはシナリオどおり進める」という筋書きに従って動いているのみではないかと思います。
    こんな事を信じたくないし、国民の命と暮らしを守るために頑張ってほしいのは山々ですけど。

    海外では再び昼間でも不要不急の外出を禁止している国もあり、破ると罰金刑が課られるようです。
    もうこの世界は元には戻れないのかもです?
    聖書の預言の成就は目前に迫っているのかもしれず、「TRUE  ARK」の終末預言の聖書の記事が身に染みるようなコロナ劇です。
    弱者と神様を信じる人は茨の道ですが、最後には勝利のはず!(と思いたい)

    • true-ark より:

      コロナの影響は、未だ収束しませんが、そもそも「感染者」と言われているのは、多くの場合、PCR検査で陽性になっただけの無症状者ですので、全く不可解ですよね。ここまで変な社会になっているのを生まれて始めて見ました。確かに、コロナで症状が出たり、時々重症化する人はいますが、一番大事なのは、健康的な生活を送り、普通に経済を回し、免疫力を高く維持することなんですよね。コロナ対策でうつ病が増えている時点で、本末転倒になっていることに、多くの人に気づいてもらいたいですね。

      とはいえ、実際に重症化する人もいて、そんな人々がイエスの名で癒されている、という証は、ぜひ知ってもらいたいです!

  2. syun maeda より:

    私達を創造された主の御業は素晴らしいですね。是非、これらの証を大勢の人々が視聴しているYouTubeにも配信して新型コロナウイルスで試練にあっている人々やその他の皆に伝えて知らせてあげて下さい。

     初めまして。私も聖書の全てをそのまま信じ、毎日祈っているプロテスタントのクリスチャンですが、今年から特に天の川(光銀河連合14万4千人のミカエルなどの大天使や御使い達)を率いるリーダー、神の御子イエスキリスト(サナンダイエス)が聖書で預言している空中再臨や艱難時代、ヨハネ黙示録の天変地異なども近付いている事など、YouTube(光銀河連合など)でも聖書の通りの事が
    現在進行中なのでスピリチャルな動画YouTubeにも深い興味、関心を持つようになりました。下記のリンクでは三位一体の創造主が地球を造られる以前の天の川(光銀河連合)善良な御使い達やミカエルなどの大天使長、その他の御使い達、そして、創世記のエデンの園の「命の木の実」の所に現れてエバを誘惑し罪を犯させた蛇(サタン)や堕落天使達、ルシファーなど宇宙戦争(猿の惑星など)地球が大きな犠牲になり、その後、大天使によって修復され人類と深く関わって来た歴史などについての説明もしています。
    https://www.youtube.com/watch?v=_oMPONSUp8c

    神の御子イエスキリストをジーザスクリスト、又はメシアと呼んだりアブラムをアブラハムに、サウロをパウロに氏名変更した様に神の権威によって変えられます。

     私は毎日祈りながら新型コロナウイルスの進捗状況や光銀河などをもYouTubeで比較しながら毎日のニュースや聖書などで確認、チェックし研究もしていますが、ヨハネ黙示録19~21章のイベントはイエスキリストがヨハネ福音書で最後の晩餐会の時、「私は父の所に行って、あなたがたの住む所を用意しに行く。用意が出来たら、また来てあなた方を迎えに来る。」また、復活後、弟子たちの前で輝く雲に乗って天に昇られたの時、また雲に乗って来る」と云われましたが、「今年の8~11月頃に光銀河連合に不正を暴かれたイルミナティ、ローマクラブ、ローマ法王、世界中央銀行などの金融界、経済界、政治家などが不正を暴露されテレビ・ラジオ・インターネットなどでも報道され世界中が大パニックに陥る。」事が預言されており

     その後、光銀河連合イエスキリストが天の川(光銀河連合14万4千人のミカエルなどの大天使達や御使い達)を率いるイエスキリスト(サナンダイエス)が聖書で預言している通り再臨なさる様です。「見よ、私はすぐに来る」と云われたイエス様率いる光の銀河連合や大勢の天使の皆さんは、「先ず、この真実に目覚めてアセンションする事を心に決めた人々から先に三次元の人々には見えない非常に美しい虹の橋を渡らせながら平和で愛と喜びに満ちたニューアース(地球天国)に導いて下さる」様です。

    と云われた様に11月~12月頃は神による収穫の秋になる可能性があります。もしかしたら、地球天国は12月25日に創造主から私達へのクリスマス大プレゼントとして贈られるのだろうか!?

     その時はイエスキリスト(サナンダイエス)率いる天の川(光銀河連合14万4千人の大天使や御使い達が存在する場所)で大天使ミカエルや、アシュター全宇宙総司令官などの指示の元に私達の地球に新しい地球天国(新天地・ユートピア・神の国)が大イベントとして着々と準備されアセンション(3~4次元の私達の住んでいる現在の地球人が天使達の居る5次元以上の高次元に上昇・覚醒・新生)した人から順に、友好親善の挨拶や愛の導きによって全てのアセンション希望者を新しい雲の上の地球天国(新天地・ユートピア・神の国)に一瞬のうちに連れて行ってくれる様です。そこで、私達は主に会い、千年間主と共に過ごす(千年王国)という事です。これらの事が起こる期日は、未だハッキリとは示されていませんが「多分、新しい地球天国(新天地・ユートピア・神の国)はクリスマスに大プレゼントして下さるのではないか」と個人的には思っています。是非、共にアセンションしましょう!

    • true-ark より:

      同じ方からかわかりませんが、この手のメールが時々来ます。以下、ご質問にお答えいただけますか?

      ・聖書の言葉は全てその通りに信じていますか?
      ・イエス・キリストの十字架によってのみ、罪が赦され、天国に行けると信じていますか?
      ・メッセージの内容が、聖書と調和していないことには気づいていますか?

      あと、メッセージの内容が長すぎますので、もっと簡潔にご説明いただくのがよろしいかと思います。(読者の方々への配慮として、途中からカットさせていただきました)

  3. 三島 より:

    こういう動画もネット上にはあるので観る事はあります。
    コロナは茶番だという証拠を挙げた記事は沢山出るようになってきているのだから、プライバシー保護など考えず事実ならせめて病院名なり最低限の情報を記載してもいいと思います。
    そうすればコロナは茶番だと思う人の頭も少しは冷えるかもしれない。

    • true-ark より:

      できれば情報の公開もしたいですが、患者様の許可を取ったり、色々な問題もあるので、今回は非公開です。しかし、れっきとした事実ですので、ぜひ多くの方に知ってもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です