15. 宝を天に積む―神の奴隷と富の奴隷|山上の垂訓の解説


宝を天に積む―神の奴隷と富の奴隷|山上の垂訓の解説(14)

▶ 山上の垂訓の目次(記事一覧)
山上の垂訓を読む(全文)

「自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。20 自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。21 あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。

22 からだのあかりは目です。それで、もしあなたの目が健全なら(澄んでいれば)、あなたの全身が明るいが、23 もし、目が悪ければ(濁っていれば)、あなたの全身が暗いでしょう。それなら、もしあなたのうちの光が暗ければ、その暗さはどんなでしょう。

24 だれも、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。」(マタイ6:19-24

イエスはここで、「天の宝と地上の宝」「澄んでいる目と濁っている目」「神の奴隷と富の奴隷」という三種類の対比を取り上げているが、それらは全て、同じ真理を伝えることを目的として語られている。その真理とは、「富ではなく、神を信頼すること」の重要性だ。

これから三種類の対比を順を追って解説していくが、それぞれのテーマにおいて、話の中心となる真理を意識しながら読むことをお勧めしたい。

天の宝と地上の宝

「自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。20 自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。21 あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6:19-21

地上の宝とは、私たちが地上で蓄える資産などを表している。イエスが「宝を地上にたくわえるのはやめなさい」と警告した一つの理由は、私たちにとって、地上の富とは、究極的に信頼を置くものとはならないからだ。

例えば、私たちの国では、2011年に東日本大震災があったが、その時どれだけ多くの資産が消え去り、人々は家や仕事を失っただろうか?また、原発の影響で人々が非難した後、残された多くの家には、泥棒が入って物を盗んでいった。「地上の富に絶対の信頼を置くべきではない」ということが、震災から私たちが学ぶべき教訓だったはずだ。

だからイエスは、誰にも盗まれることの無い天国に「宝を蓄えるように」と教えたのだ。

天に宝を積む方法

「自分の持ち物を売り払って施しなさい。擦り切れることのない財布を作り、尽きることのない富を天に積みなさい。そこは、盗人も近寄らず、虫も食い荒らさない。あなたがたの富のあるところに、あなたがたの心もあるのだ。」(ルカ12:33―34)

天に宝を蓄える方法とは、自分の資産を、困っている人を助けるために、積極的に用いることを意味している。もしもあなたが、自分の富をそのように用いることができれば、地上の富は減るかもしれないが、天国に迎えられた時に、尽きることの無い報いを、天の神から受けることになるのだ。

地上の富を積もうとする人々は、資産を増やすための良い投資案件を探すことに夢中になっている。しかし、最高の投資案件は地上にあるのではない。最もリターン(投資収益率)の高い投資案件は、聖書の中にはっきりと書いてあり、それは施しを行って、天に宝を積むことなのだ。

澄んでいる目と濁っている目

「体のともし火は目である。目が澄んでいれば、あなたの全身が明るいが、23 濁っていれば、全身が暗い。だから、あなたの中にある光が消えれば、その暗さはどれほどであろう。」(マタイ6:22-23―新共同訳)

「澄んでいる」という表現は、他の日本語訳では「健全」「純真」などの言葉で訳されている。つまり、目が澄んでいるとは、純真な心で、物事を見ていることを意味している。

一方、「濁っている」という表現は、「悪い」「怪しい」「よこしま」とも訳されており、聖書の他の箇所では、「サウルはダビデをねたみの目で見るようになった。」(第一サムエル18:9)や、「貪欲な人の食物を食べるな。」(箴言23:6)などの箇所で用いられている。つまり、「目が濁っている」とは、「目つきが悪い」とか「視力が低い」という意味ではなく、「妬み、貪欲、のために心が閉じている状態」を表しているのだ。

心が純真な人は、光である神を見、全身が明るく照らされることになる。また、天の神とそこにある宝に思いを向けることができる。

しかし、地上の富に思いを向ける貪欲な人は、目が濁っているため、光である神を見ることができず、全身が暗くなったままである。そのような人々の目には、天にある尽きない宝が映ることは無い。

二人の主人―神の奴隷と富の奴隷

「24 だれも、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。」(マタイ6:19-24

イエスがここで語った警告は、地上で多くの富を得ること自体を否定するものではない。言うまでもなく、現代社会では、お金が無ければ生活を維持していくことはできない。

また、ただ生活を維持していくだけでなく、将来設計のため、万が一の時のためにも、ある程度の貯蓄をしておく必要もあるだろう。

しかし、もしも私たちが、生活の必要を越えて、富そのものを信頼する生き方を選ぶのなら、私たちの心は富に支配されることになり、神を信頼する生き方を選ぶことはできない。

神の奴隷となったニコデモ

紀元一世紀、イエスの時代、エルサレムに「ニコデモ」という高名なユダヤ教の教師がいた。彼はユダヤ教の最高評議会「サンヘドリン」の一員であり、社会的な地位と富とに恵まれていた。

彼は心の正しい人であったため、イエスが行った力ある奇跡の数々を見て、彼がキリストであることを信じるようになった。しかし、当時の社会では、イエスへの信仰を公に表明することは、社会的な地位や命を失うリスクが伴ったので、ニコデモはその信仰を公にせず、隠れた弟子となっていた。

しかし、イエスの十字架刑の後、ニコデモは心を動かされ、自身の信仰の表明として、イエスの遺体を丁重に葬った。ユダヤ教の文書によれば、その後ニコデモは仕事を失い、貧しい生活を余技なくされたと言う。

ニコデモは、神の奴隷として仕えるために、富に支配されることを止めた。彼は地上の富の多くを失ったが、今では天国において、尽きることの無い宝を受けていることだろう。

まとめ

神を愛するからといって、ニコデモのように、いつでも地上の富を完全に放棄することを選択する必要があるわけではない。地上の富について、どれだけのリスクが伴うのかは、各人が置かれた状況によって変わってくる。

しかし、神を愛し神に仕える生き方と、富を愛し富に仕える生き方を両立させることは決してできない。大事なことは、私たちが人生において第一に信頼をおくべき対象が、富ではなく、神になることなのだ。

「この世で富んでいる人たちに命じなさい。高ぶらないように。また、たよりにならない富に望みを置かないように。むしろ、私たちにすべての物を豊かに与えて楽しませてくださる神に望みを置くように。また、人の益を計り、良い行ないに富み、惜しまずに施し、喜んで分け与えるように。また、まことのいのちを得るために、未来に備えて良い基礎を自分自身のために築き上げるように。」(第一テモテ6:17-19

▶ 山上の垂訓の目次(記事一覧)
山上の垂訓を読む(全文)


 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です