映画「宇宙人の侵略」(Alian Intrusion)の紹介~ UFO・地球外生命体の真実を暴く


映画「宇宙人の侵略」(Alian Intrusion)の紹介~ UFO・地球外生命体の真実を暴く

宇宙人―つまり地球外生命体は存在するのだろうか?このテーマは、今日無視することのできない重要なテーマとなってきている。UFO(未確認飛行物体)を目撃した人の数は世界中で何千万人にも上り、「宇宙人」と称する生命体(以下、「宇宙人」と略す)と遭遇したと証言する人も、かなりの数に上る。さらに、著名な科学者の中にも、我々人類が地球外生命体の介入によって生じたと考える人さえいる。

宇宙人に関する議論は多岐に渡るが、主な点としては次のようなものが挙げられる。

  • 宇宙人は存在するのか?
  • 存在するのであれば、それはどのような存在なのか?
  • 宇宙人がいるとしても、地球まで本当に来れるのか?
  • 地球上の生命は宇宙人が創り出したのか?
  • 宇宙人による誘拐現象や、遭遇体験の信憑性は?
  • 宇宙人が地球人と接触する目的は何なのか?
  • 宇宙人の存在は聖書の教えを否定するのか?

今回紹介するドキュメンタリー映画「Alian Intrusion」(エイリアンの侵略)では、一流の科学者、UFO研究における複数の専門家や、UFOを目撃した人々、宇宙人と称する生命体に誘拐された人々が登場し、これらの疑問の答えを検証している。

そして、本映画を通してはっきりと認識させられるのが、UFO現象や宇宙人との遭遇体験を持つ人の数はあまりにも多く、そのような超自然的な現象は確かに存在する、ということである。しかもそれは、世界の特定の地域にのみ起こるのではなく、世界中で生じてきている。

しかし問題は、それら未確認飛行物体や宇宙人と称する生命体が、本当に地球外の遠くの星々から来たものなのか?という点にある。一般的に、多くの人々はそれらの現象が地球外生命体によるものだと結論づけているが、その結論には複数の問題点があることが指摘されている。

実際に、これらの現象を研究してきた専門家の多くは、それを同じ宇宙空間・物理的世界から来るものではなく、「異次元」から来ているものだと主張している。そしてそれが事実ならば、彼らの正体は地球外生命体ではなく、霊的な存在だということになる。

また、宇宙人との遭遇体験を持つ人の証言を比較検討していくと、かつてはそれらの生命体が「火星や金星から来た」と証言していたが、現代ではもっと遠くの星々から来ていると証言していることがわかる。(現代では、科学が進み、火星や金星には生命体が存在していないことが明らかにあっている)つまり、証言内容に一貫性が無く、嘘をついている可能性が高いのである。

そして、遭遇体験で苦しむ多くの人々が、「イエス・キリスト」に助けを求めた時に、宇宙人の影響から解放されているという事実も大変興味深い。

UFOや宇宙人、またキリスト教や聖書に興味があるすべての人に、本作品をお勧めする。

※なお、日本語字幕版を視聴する際には、海外のサイトから購入する必要があるが、字幕無しの英語版であれば、以下のリンクからYoutubeで無料視聴ができる。
Alien Intrusion

予告編動画

映画詳細

タイトル:Alien Intrusion – Unmasking deception

制作:Creation Ministries International

時間:109分

価格:20ドル(約2200円)

字幕:日本語、中国語などを含む16ヶ国語

購入先:https://austore.creation.com/alien-intrusion-dvd

海外サイトからの購入となります。購入にあたっては、ペイパルアカウントが必要です。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です