1. 進化論の限界~生命は創造されたのか|聖書の教え

進化論 Evolution

人間を含む生命はどこから来たのだろうか?この質問に多くの日本人は、「徐々に進化してきた」と答えるだろう。その理由は、私たち日本人が、幼い頃から学校教育で進化論を教えられて育ってきているからであり、それが科学的に理に適った結論だと認識しているからである。しかし、進化論の妥当性について、自分の目で実際に調べてみた人は、果たしてどれくらいいるのだろうか?

実は、少し調べればすぐにわかることだが、進化論とは、科学的に証明された理論ではなく、未だ証明されていない仮説に過ぎない。

地球上の生命がどこから来たのか?という問題については、大きく分ければ、世界的に認知されている二つの代表的な説がある。[i]一方は進化論だが、もう一方は創造論である。参考までに、アメリカ人の半数以上は、進化論を信じてはいない。世界的に見ても、創造論を支持する人々の数は決して少なくはなく、むしろ多くの国では、3割~5割程度に昇るだろう。

しかし、生命が進化によるものなのか?創造によるものなのか?という問題は、私たちの人生にとって、どれほど重要な意味をもつのだろうか?

進化か創造か?真実を知る意義とは?

進化と創造に関する真実について、はじめから興味を持たない日本人は、とても多い。はっきりとした原因はわからないが、非宗教的な人が多数を占める環境の中にあって、このようなテーマに関する疑問を持ち辛くなっているのかもしれない。

しかし、私たちが興味を持つか持たないかに関係無く、この質問は、二つの視点において、全ての人間にとって重要な意味を持っている。

第一の視点:存在している目的

人間が存在している目的

ここで、ある生徒と先生との間で実際にあった、興味深いエピソードを紹介したい。

ある日先生は、生徒に「洋服は何のために存在している?」と問いかけた。生徒は「着るためです」と答えた。次に「靴は?」と聞くと、「履くためです」と答えた。続いて先生は「自動車は?家は?」と聞いていったが、生徒はいとも簡単に答えていった。

最後に先生は、「では人間は何のために存在していると思う?」と聞いたが、生徒は真剣に考えたすえ、「先生、僕にはまだその答えがわからないのです」と答えた。この生徒は、最も大切な質問に対する答えを、まだ知らなかったのである。

もし人間を含む生命が進化してきたのであれば、この質問は無意味である。なぜなら、進化論とは、偶然による自然発生を前提とする考えなので、その説が正しければ、人間にははじめから、「造られた目的」や「存在する目的が」が無いことになるからだ。

しかし、もし人間が創造者によって造られた存在ならば、そこには造られた目的と意義がある。そして、造られた目的を創造者から教えてもらうなら、存在する目的に沿った、意義深い人生を送れるはずである。

第二の視点:創造者と人間との関係性

もしあなたが賃貸の家に住んでいるなら、大家の存在は無視できない。なぜなら、大家が決めたルールに注意を払わなければ、家から追い出されてしまうからだ。

同じように、もし万物を創造し、管理している神が存在するならば、人間は地球という家に住み続けるために、大家である神のルールに従う必要が生じる。

以上の理由から、進化と創造に関する真実は、私たちの人生にとって、決して無視できない性質のものであることがわかる。

進化論と創造論の違い

進化論と創造論を定義する

進化論と創造論の違いと妥当性について論じる前に、両者の理論を定義しておく必要がある。

進化論とは「生物のそれぞれの種は、単純な原始生物から進化してきたものであるとする考え。」(デジタル大辞泉)であり、単純な原始生物の発生から現在に至るまでの過程は、全て偶然や自然淘汰の積み重ねであると主張するものである。厳密には進化論にも色々なパターンがあるのだが、大方の見方において、進化論が論じられる場では、創造者の存在が前提とはされることはない。

創造論とはその逆で、この宇宙や地球上の全ての生命を含む万物は、知性のある創造者によって造られた、とする考えである。

最初の生物はどこから来たのか?

バクテリア 最初の生物はどこから来たのか?

進化論を支持する人々にとって、究極的な難問は、「最初の生物がどこから来たのか?」ということである。知性のある創造者の存在を前提としないのであれば、最初の生物が、原始の海の中で偶然に発生したと考えなければならない。

進化論の支持者は、最初に出現した生物は、バクテリアやアメーバのような単細胞生物だったと考えた。ところが、近年の科学の発展に伴い、科学者たちは、バクテリアのような最も単純な生物でさえ、偶然とは到底考えられない程の驚くべき構造を持っていることを発見するようになった。

細胞の構造~DNA,RNA,たんぱく質

DNA

全ての生物の細胞のDNAには、想像を絶する量の情報が保管されているが、最も単純な生物であるバクテリアでさえも、そのDNAの情報(ゲノム)量は、およそ1000ページからなる一冊の本にも相当する。このような高度で規則性を持った情報が、本当に自然界で偶然に発生するのだろうか?

このような仮説は、例えば、PCのことが何もわからない子どもが、適当にキーボードを叩き続けた結果、1000ページ分に相当する、自動車の完璧な設計図とマニュアルが完成した、と信じることと似ているだろう。

仮にDNAが偶然に完成したとしても、生物の細胞が生き続けるためには、少なくとも3種類の複雑な分子である、DNA、RNA、タンパク質が組み合わされなければならない。ところが、これらRNA分子とたんぱく質分子も、偶然ではあり得ないほどの、極めて複雑で高度な構造を持っている。

さらに、これらDNA、RNA、たんぱく質が偶然に存在できたとしても、それらが完璧な方法とタイミングで組み合わされなければ、生命が生まれることは絶対に無い。

以上の流れを、自動車を例に考えてみよう。仮に完璧な設計図が偶然に完成したとして、次に自動車の製造に必要な全ての材料を、適当に山積みにしていく。そして、その上を竜巻が何回も通過すれば、「いつかは自動車の完成品が出来上がる」と信じることが、果たしてできるだろうか?

フレッド・ホイルの発見

150億光年の範囲内で、最低でも100億年の間に宇宙のどこかで生命体が自発的に発生した可能性

イギリスの有名な科学者「フレッド・ホイル」は、生命が偶然に発生する確率を計算したことで知られている。彼はもう一人の数理天文学者のチャンドラ・ウィックラマシンジという人と、「150億光年の範囲内で、最低でも100億年の間に宇宙のどこかで生命体が自発的に発生した可能性」を計算したが、その確率について、以下のようなコメントを残している。 ※要は、「宇宙全体のほぼ全歴史の中で、生命が偶然に生まれる確率」のことを意味する

「この世界がどんなに広くても、生命体が偶然で生まれることはありえない。猿の一群がめちゃくちゃにタイプライターを叩いても、シェークスピア作品が生まれることはない。仮にそれが可能だとしても、そのために必要な猿の一群を、大量のタイプライターを、また書き損じの紙を入れる大量のゴミ箱を保有するほど、この世界は大きくはない。生命体も、これと同じである」

「最も単純な単細胞生物がランダムな過程で発生する確率は『がらくた置き場の上を竜巻が通過し、その中の物質からボーイング747が組み立てられる』のと同じくらいである。」

「単機能のたんぱく質が、アミノ酸が偶然組み合わさって生成される見込みは、太陽系全体に埋め尽くされた盲目の人間が同時にルービックキューブを解くくらいあり得ない」

猿の一群がめちゃくちゃにタイプライターを叩いても、シェークスピア作品が生まれることはない。

猿の一群がめちゃくちゃにタイプライターを叩いても、シェークスピア作品が生まれることはない。

生命が偶然に発生することはない

生命の自然発生について、これまでに挙げた科学的な事実を考察すると、どんな結論が導き出されるだろうか?それは、地球上だけでなく、全宇宙的規模で考えても、生命が偶然に発生することは、科学的にあり得ない、ということである。

最も単純な単細胞生物でそうであれば、それより遥かに高度な構造を持つその他の生命についても、偶然に自然に生じないことは明らかである。ならば、地球上の全ての生命は、創造主によって創造された、と考えることが、科学的事実を踏まえた上での、最も合理的な結論となる。

地球~初めに神は天と地を創造した

「初めに神は天と地を創造した」(創世記1章1節)

聖書の最初の言葉は、万物の創造主としての神の宣言で始まる。私たちは人間を含む全ては、神によって創造されたのである。したがって、全ての人間にとって、創造主である神は、決して無視できる存在ではない。私たちは、神の創造によって存在するようになり、神の力によって日々生かされているからである。

 

主よ。われらの神よ。あなたは、栄光と誉れと力とを受けるにふさわしい方です。あなたは万物を創造し、あなたのみこころゆえに、万物は存在し、また創造されたのですから。」(創世記4:11

記事の冒頭で、人間の存在意義に関する、先生と生徒の会話を紹介した。洋服の存在目的は「着るため」であり、その目的を決めたのは洋服を造った人間である。では、人間の存在目的は何だろうか?その答えは、つまりその目的を決めたのは、人間を造った創造者である。果たして、創造主は、どんな目的で人間を創造したのだろうか?また人間とはどんな存在で、どのように生きるべきなのだろうか?

私たちがその答えを知るためには、創造者から人間に宛てて書かれた手紙を読まなければならない。次回の記事では、その手紙について紹介をする。

⇒聖書は本当に神の言葉なのか?

⇒ 本記事のシリーズでは、30日間のメール配信プランも用意しています。

脚注

[i] 近年のもう一つの主流派として、地球外生命体説がある。しかしこの説は、「地球上の生命がどこから来たのか?」という限定的な問いに対するもう一つの候補の説となっても、「生命がどこから来たのか?」という根源的な問いに対する答えとはならない。仮に地球上の生命が宇宙から来たのであれば、「ではその生命はどうやって発生したのか?」という同じ質問が繰り返されることになるからである。

あわせて読みたい

9件のフィードバック

  1. きくらげ より:

    興味深く拝見しました。一点質問をおゆるし頂けますでしょうか。何故創造と進化は排斥関係に在るといえるのでしょうか。起点と過程の差異の可能性はないのでしょうか。創世記のいうかたちは必ずしも5体二足歩行といえるのでしょうか。お教え頂けますと幸いです。

    • true-ark より:

      きくらげ様

      返信が遅くなり大変申し訳ありません。コメントを見逃しておりました。創造と進化が排斥関係となるかどうかは、両者の理論をどう定義するか、ということも関係してくると思います。厳密には進化論にも色々なパターンがあり、またクリスチャンでも、進化を神が導いた、と信じている立場もあると思います。つまり、創造論にも、複数のパターンが存在します。

      今回の記事では、このようなややこしい議論を省き、進化論を、「創造を前提としない理論」と定義し、創造論を「神による万物の創造」と定義しています。このような定義を前提としますと、両者の間には排斥関係が生まれると思います。

      ・創世記のいうかたちは必ずしも5体二足歩行といえるのでしょうか

      聖書の歴史観にたちますと、人類は創造からおよそ六千年となります。もし最初の人類が二足歩行で無かったとすると、大体千年~二千年の間に、人間は二足歩行に進化したということになると思います。しかし、聖書にはそのようなことを匂わせる記述がありませんし、たった数千年で、そのような進化をした生物の記録も存在はしていないと思います。

      以上、ご参考になれば幸いです。こんごとも宜しくお願い致します。

  2. ちこたん より:

    進化論は証明されていませんし、真実ではないので証明できません。   
    あなたの知らない驚愕の「真実」があります。
       
    進化論の嘘
    http://blog.livedoor.jp/hideki4612/archives/1018484878.html

    恐竜は人類と共存していて4300年前に滅びました。
    http://blog.livedoor.jp/hideki4612/archives/1036887257.html

    • true-ark より:

      ちこたん様

      返信が遅くなり大変申し訳ありません。コメントを見逃しておりました。
      興味深い情報をありがとうございます。
      この記事を読む方の学びの参考となりますように。

      今後とも宜しくお願い致します。

  3. ひとし より:

    人生の意義を見い出すために、この記事が多くの人に読まれて欲しいです。

    • true-ark より:

      ひとしさん

      本記事の内容に同感してくださり、誠にありがとうございます!
      人がどんな目的で存在しているのかを知ることは、とても大切ですね。
      一人でも多くの人が、その存在目的に気が付き、人生に確かな希望を持って欲しいと、心から願っています。

  4. 「真実を告げる書、ラエル著」と言う本があることを、ご存知ですか?
    「人類の起源、人間の生きる意味、進化論の嘘、数々の預言者の謎、数々の神話の謎、、」
    など、全て書かれています。

    • true-ark より:

      ラエル書の啓示が、確かに真の神からだと言えるどんな証拠や根拠があるか、教えていただけますか?

  1. 2016-10-02

    […] 進化論の限界~生命は創造されたのか […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です