神による大量殺人―「従わない者を殺す神」は本当に正しいのか?

ヨシュアによるカナン征服―アモリ人に勝利するイスラエル

ヨシュアによるカナン征服―アモリ人に勝利するイスラエル

今回の質問

聖書では、神の裁きによってたくさんの人々が命を落としている。神の望みにそぐわないものは殺し、神に従順なものを救う、ということだ。果たして、従わない人は皆殺す神は、本当に正しいのだろうか?

誰が善悪の基準を決めるべきなのか?

「従わない者は殺す」このような神の対応に、不満を感じる日本人は決して少なくはないが、その不満には、ある前提となる考えが存在する。それは「神と人間の関係性」に関するものであり、そのような不満は多くの場合、神の立場と自分の立場を対等に見ていることに原因がある。

聖書が繰り返し語りかけていることは、「神は万物の創造者・支配者である」という事実である。もし神が本当に万物の創造者ならば、神が造らなければ人間ははじめから存在すらしていない。さらに、人間の命を含む、万物の所有権は、完全に神の側にある、ということになる。

私たちの社会では、所有権を持つ者は、その所有物に関連する権利を持っている。だから、アパートの大家は、その家の規約を決定する権利を持っており、もしそのルールに従わない住人がいれば、適切な警告を与えた上で、そこの住人を追い出すことができる。

この時、住人を追い出した大家に対して、文句を言う人間は誰もいない。なぜなら、私たちは、「大家と住人の関係性」を理解しており、彼らの立場が対等でないことを知っているからだ。

しかし、これと同じようなことが、万物の所有者である神と、その住人である人間との間に生じると、人間が不平を言うのはなぜだろうか?それは、住人である人間が、大家である神との根本的な関係性を理解していないからだ。

神は所有権を持つ大家・万物の支配者であるために、善悪の基準を決定し、人間を裁く権威を持っている、これが聖書の教えているところである。

聖書の神の属性と目的―愛と義

神に倫理基準を定める権利があるからといって、神が人間を乱暴に扱うわけではない。むしろ神は、どんな人間よりも、自身の属性にしたがって、完全に公平な裁きを与える存在である。

聖書で啓示されている神の属性は、「聖なる神」「義なる神」「愛ある神」であり、全ての物事は、この神の属性に基いて、忠実に実行されていく。

たとえば、神が義であるということは、正しく生きる人々には必ず祝福を与え、悪いことを続ける者には必ず罰を与えることを表している。私たちは、このような神に対して、不満を抱くどころか、むしろ社会で完全に公平な裁きが行われることを切望しているのではないだろうか?

また、神は愛であり、どんな人間よりも、私たちのことを深く愛している。その愛ゆえに、神は多くの場合、悪を行う者たちにすぐに裁きを下すのではなく、悔い改める時間をしっかりと与える。また愛ゆえに、全ての人の罪の身代わりとして、独り子であるイエスを与えた。

裁きの事件の背景

聖書に記されている神の裁きが批判されるもう一つの原因としては、誤解が挙げられる。つまり、出来事の背景が十分に読み取られていないのだ。そこで今回は、際立った二つの裁きを取り挙げてみる。

ノアの大洪水

聖書に記されている裁きの中で、最も大規模なものは、「ノアの日の大洪水」である。聖書の記録によれば、当時は「ネフィリム」と呼ばれる人間と堕天使の混血種がおり、彼らの影響も悪く働き、地上は暴虐で満ちるようになった。

そして、その悪のレベルが、「回帰不能点」を越えたため、神はやむを得ず、全地球規模的な裁きを下すことを決定した。

しかし、聖書の記録によれば、ノアが方舟の建設を命じられてから、大洪水が生じるまでは、120年間もの期間があった。その間に、人々には、ノアの警告に心を留めて悔い改める時間が十分に残されていたのだった。

しかし、改心した人は誰もおらず、方舟に入ったのは、ノアとその家族の八人だけだった。それほどまでに当時の世は、神に対して反抗的だったのである。もし神が大洪水を起こさなかったら、地上から正しい人は、一人も残されなくなっただろう。

各事件の背景~ヨシュアによるカナン征服

カナン人に対する征服戦争の背景は、唯一の神ヤハウェが、カナン人の罪を裁くために、イスラエル人を用いた宗教的なものである。

当時のパレスチナの地域に住んでいたカナン人は、偶像礼拝に端を発した不道徳と性的堕落で極めて堕落していた。例えば、彼らが行っていた礼拝には、性的な行為や、殺した子供を生け贄として捧げる人身供犠のような悪魔的な儀式も含まれていた。

聖書の歴史と一般の歴史の双方は、彼らが不道徳や堕落のとりわけ卑劣な記録を作り上げてきたことを、一貫して証言している。

それでも神は、すぐには彼らを罰せず、400年もの長い間、彼らに時間を与えた。しかし、最終的に、彼らの罪が極みに達し、回帰不能点を越えたので、イスラエル人を用いて裁きを与えたのだった。

結論

聖書の神は、万物の創造者であるため、倫理基準に関する絶対的な決定権を持っている。そして、その基準は、聖・義・愛という神の属性に基づくものであり、神は常に完全に正しい方法で、その権威を行使される。

旧約聖書に記されている大規模な裁きの多くについて、神の残虐性が批判されていることがあるが、それらは大抵、背景事情を十分に理解していない人々がもたらす誤解である。

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 縄文人 より:

    TRUE-ARK さんによると縄文人はノアの末裔らしいですね。
    縄文文化を見ていると、とても信じられませんが。
    (例えば聖書以外の世界では、縄文人は当時世界最大級の丸木舟で小笠原あたりまで航海していた痕跡がありますが、
    箱舟を建造してトルコから極東まで旅した民族の末裔にしてはやることがショボイですね)
    その以前の旧跡時代に日本に在住していた原日本人は
    神の怒りに触れて洪水で絶滅してしまったのですね。
    縄文人とDNAパタンが似ているのも不思議な話ですが。
    旧石器時代の日本人はどのような悪行のため、大洪水で虐殺されたのですか?

    • true-ark より:

      ・日本の古代人の年表は、炭素14法に従って推測されていますが、
      文字の資料で客観的に照合できる資料が無いので、完全に断定することはナンセンスです。
      実際に、文書資料で遡れる最古の文明は、やはりメソポタミアやエジプトあたりです。
      放射性炭素年代測定は、多少の誤差もある可能性があるので、創造論者は、1~2万年前程度の数値は、あまり気にしていません。
      このあたり、前にもお伝えしております。

  2. 無知者 より:

    絶対の権利者で想像したものの良し悪しで生殺与奪を当たり前とする。
    なんか恐ろしいばかりで悪魔と変わらん気さえする。

    そもそも万能なんだから、ちゃんと諭せないものなんだろうか?
    もう無理、諭すとか無理。はい皆殺しね!みたいな話にしか聞こえないですね。

    • true-ark より:

      神は人に自由意志を与えたので、最終的な裁きの結果は、人が自らの選択で招いたものです。
      無知者さんのご批判で一貫している部分は、個人的な復讐と、法に基づく裁きを混同しているところだと思いますよ。
      法に基いて裁きを行うことは、どの人間社会でも一般的に行われていますが、誰もそれを批判しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です