大患難時代の幻を見た|復活、携挙、新世界秩序、大リバイバル、666


Ken Peters 患難を見た パート②
Ken Peters 患難を見た パート③

無知だった Ken Peters に明かされた大患難の幻

1980年、聖書を知らないカトリックの若者、ケン・ピーターが、突然夢の中で、大患難時代の詳細な幻を見た。

彼の見たヴィジョンは、まさに聖書のヨハネ黙示録や、その他の終末預言に描かれている内容と、全く一致するものだった。

そのヴィジョンは、世界的に起こる突然の死者の復活から始まり、携挙、世界的な大混乱へと続いていく。イエス・キリストとの真の関係を持ってた人は皆天に挙げられ、そうでない取り残された全ての人々は、かつてない恐怖に襲われていた。

反キリストによる新世界秩序~大迫害と666

悲嘆に満ちた世界の中、新しい世界の方向性をリードする、カリスマ的指導者「反キリスト」が登場する。世界中の人々は、彼の提唱する政策に同意し、新たな世界のシステム「新世界秩序」を受け入れていく。

一方で、聖霊に力によって、世界中で大リバイバルが起こりはじめ、至るところで、イエスや使徒たちが行ったような強力な業が起こり始める。

サタンは、このリバイバルに激怒し、世界的に大迫害が起こりはじめる。

世界中は、666の印を受けないと、売り買いができないシステムへと移行し、それを拒むクリスチャンは、次々と収容所に送られていく。

迫害の最中、そこでピーターが見たものとは?

 

なお、大艱難時代の出来事について、聖書が語っている内容については、以下の記事で、時系列に書いている。合わせてご覧いただくことで、聖書の理解がより深まるだろう。

これから世界で起こること②―携挙、大患難時代、キリストの再臨

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. syun maeda より:

    僕は17歳の時にイエス様を信じて洗礼を受けたので、今でも主を信じ「預言や掲示」などの聖霊の賜物を主から与えられている聖徒を尊敬しているので、いつでも神の御声には耳を傾けます。「来年(2021年)に起きるという世界大恐慌で日本の人口1億2千万人の内、「三分の一」(約4千万人)も餓死するという予言やクリスチャンも餓死するのかどうか、日本のどこの地域に震度八・一以上の大地震や大津波、経済危機、大恐慌をいつ、起こそうとサタンは企んでいるのか?」のイエス様からの掲示は未だ受けてない様ですが、受けたら、直ぐ知らせて欲しいです。
     イナゴ(バッタ)の大群が日本の農作物を食い尽くしたら日本でも食糧危機が起き、経済危機に発展して行く可能性もありますね。南海トラフや大地震、大津波などについては、多くの専門家や予言者、占い師などが「近いうちに起きる」言っていましたが「主の預言や掲示」の方が確実で信頼出来ます。ウイルスを含むケムトレイルを撒き「飛行機雲に見せかけて実は、その雲の正体はヤケになったテロリストが人類を壊滅させる為、無差別に殺す為の生物兵器である猛毒ウイルスが混入されているケムトレイルを撒いているのですね」外出も出来ませんね。https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%B1%E3%83%A0%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB
    &fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&ts=2604&aq=-1&oq=&at=&ai=
    https://www.youtube.com/watch?v=tBFgC8i3w54
    https://www.youtube.com/watch?v=383ytUZBTG0
    (Yahoo!検索)
    https://www.youtube.com/watch?v=tBFgC8i3w54&t=938s&fbclid=IwAR1RkH2l05ylJFNY_4KA1sZS8OUtR5OqOlNzSvZ7j1VhUMVpgPryybIn1-w

    • true-ark より:

      コメントありがとうございます。主からの幻に信頼を置くことは大切ですね、
      ただし、信ぴょう性の点で、明確な判断ができないようなものも多々ありますので、その点をよく考慮して、慎重に判断されることをお勧めしたいと思います。
      主は、未来に関する必要な情報を啓示してくれることがありますが、基本的には、何があってもすでに書かれた聖書の言葉を信頼し、思いずらわ無いよう求めておられるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です