なぜアメリカなどのキリスト教系の国よりも、日本の方が治安が良いのか?


日本の治安とアメリカの治安

左:ラスベガスの銃乱射事件で追悼された花  右:物資調達のため順番に並ぶ東日本大震災の被災者

治安が良い国ランクの上位は、キリスト教系の国々が多い

実際の統計データを見てみると、世界的の平和な国ランキングでは、北欧を中心とするキリスト教系文化圏の国々が、多数を占めていることがわかる。ちなみに日本のランキングは、以下のデータから見ると、第八位となる。

世界一安全な国は日本?治安のいい国ランキングTOP18

つまり、「なぜキリスト教の国々よりも、日本の方が治安が良いのか?」という質問の前提自体が、はじめから間違っていることがわかる。

ちなみに、日本人がこの疑問を抱く時、大抵はアメリカをイメージしているが、アメリカは世界にたくさんあるキリスト教文化圏の国のあくまで一つであり、それが全てだと誤解してはならない。

アメリカの治安の低下の原因は進化論教育

アメリカは歴史的に世界をリードする国であり、そこには世界から様々な人種や企業、権力が集まる。この点を考えただけでも、日本のようにグローバルな人種交流が少なめな国とは、根本的に環境が異なり、同じ土俵で比べることはできない。

ただ、統計的なデータで明確に示されていることは、アメリカの治安や倫理基準は、教育の場で進化論を教えられるようになってから、大きく後退したということだ。(かつてのアメリカでは、公に聖書の教えが教育の土台となっていた。)

子供に進化論を教えるボリュームのグラフ―アメリカ

1960年あたりから、進化論の教育に力を入れ始めた。

子供の性病の感染率

離婚率―アメリカ

10代の婚前交渉の割合―アメリカ

少女の妊娠率―アメリカ

凶悪犯罪の割合―アメリカ

学力能力基礎テスト

つまり、聖書の教えは、人間の倫理観に、良い影響を与えるのである。
※上に挙げたデータは、以下の動画で紹介されたいたものだ。詳しくは、動画の方をご覧いただきたい。

ではなぜ日本は治安が良いのか?

治安に影響を与える要素は、その国の宗教観だけではない。これには、その国の地理的要素、文化的要素、人種的特徴、経済の状態、など、様々な要因が関わってくる。これらの点を十分に考察するには、専門的な知識が必要なので曖昧なことは言えないが、間違いなく、経済の状態や地理的要素は、その国の治安に大きく関わってくる。

経済が悪くなれば、貧困者が増え、当然犯罪も増える。世界中の治安が悪い国々では、大抵経済の状態が悪く、貧困率が高い。日本にも貧困世帯はたくさんあるが、周りの国々と比べれば、圧倒的に少ない比率である。

また日本は島国であるため、周りの国々から侵略されにくい、という利点もある。仮に、日本の場所が中東付近であれば、イスラム国などのテロ組織との戦いや、中東付近で生じる紛争などに巻き込まれたことは、容易に想像できる。

そのような地域では、形成される民族の人格的特性も、また異なるものとなっていただろう。

結論として、国の治安は宗教だけでなく、他の様々な要因も影響するため、「キリスト教系であれば治安が良いはずだ」と安易な予測をすることはできないし、治安の良し悪しに沿って一概に宗教の価値を評価することも難しいと言えるだろう。

 

 

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 無限ラブ より:

    とてもためになる記事を読ませて頂き、ありがとうございました。
    この手の統計は様々なことを考えさせられますね。

    国毎の治安を比較するランキングは、このほかにも色々とあります。
    そこで重要になるのが、何を基準にランク付けするか、ということになり、これによって順位が大きく変動します。
    例えば、犯罪率を主な基準にしたものだと、【幸福度】でおなじみのレガタム研究所の安全度ランキングというものもあります。
    ここでは1位がシンガポール、2位がルクセンブルク、3位が日本、4アイスランド、5デンマーク、6ノルウェー 7ドイツ 8スイス 9オーストリア 10スウェーデン
    となっています。

    犯罪率基準ではもう一つLifestyle9.comがFBIのデータに基づいたランキングを発表していますがこちらでは
    1位:日本 / 犯罪率:13.11、安全率:86.89
    2位:台湾 / 犯罪率:16.26、安全率:83.74
    3位:香港 / 犯罪率:16.57、安全率:83.43
    4位:韓国 / 犯罪率:17.40、安全率:82.60
    5位:UAE / 犯罪率:18.01、安全率:81.99
    6位:マルタ / 犯罪率:18.54、安全率:81.46
    7位:ルクセンブルグ / 犯罪率:18.75、安全率:81.25
    8位:グルジア / 犯罪率: 19.57、安全率:80.43
    9位:バーレーン / 犯罪率:19.79、安全率:80.21
    10位:シンガポール / 犯罪率:19.98、安全率:80.02

    と、アジア圏が多くランクインしており、統計の取り方によっていくらでも変わるものなんだなと、感心させられます。

    では、もっと客観的なデータとして、例えば世界共通の最も重い部類の犯罪である、殺人、この発生率の低さで行政区・国を比較すると、どうなるかですが

    1~5位までが、小人口の小国が独占することになります。こういった場所では殺人事件が0の年も珍しくないです。ちなみに全てキリスト教が主な宗教になっている国家です。
    世界平和度数ランキングなどの、ランキングでは統計不能ということで除外される国ですね。

    ついで、マカオ(キリスト者率7%)、シンガポール(キリスト者15%)が6,7位。
    そして、香港(8%くらい)と日本がほぼ同じポイントで8,9位となります。
    これらの国はキリスト者は少数派ですので、キリスト教国家とは呼べなそうです。
    マカオや香港、シンガポールなど特殊な行政区・国や、小人口の島国等と、人口が1億を超える日本が並ぶような順位であることを考えると、日本もかなり独特な国であると言えるかも知れません。
    この辺に「なぜ日本の治安は良いイメージがあるのか」のヒントがありそうですね。

    ちなみに10位以降はブルネイ、インドネシア、オーストリア~とがほぼ同率で並んでいます。
    ブルネイは国教自体が定められており、イスラムとなっています。
    インドネシアは人口2億を超え、信教の自由がありますが、イスラムが87%で圧倒的です。
    12位のオーストリアで再び、キリスト教国家と呼べる国が再登場ですね。

    では逆に、殺人率が高い国の順に見てみると
    エルサルバドル、ホンジュラス、ベネズエラ、ヴァージン諸島、ジャマイカ、レソト、ベリーズ、南アフリカ、セントクリストファーネイビス、グアテマラ
    これらは全てキリスト者が多数派を占めている国です。

    このように複数の統計を比較してみると、宗教の種類が犯罪率や治安に直結するかというと
    必ずしもそうとは言えなそうな気がします。
    もちろん、宗教による道徳観は、人の行動に大きく影響を与えることは間違いないでしょうし、宗教が治安に対してまったく影響がない、というのもまた違うでしょう。
    まったく影響が無いわけではないが、必ずしも大きな影響を与えるわけでもない、というのが近いかも知れません。

    • true-ark より:

      詳しい情報の分析ありがとうございます。
      とても参考になりました。

      宗教と治安の関係を正確に説明するのは、とても難しいですね。
      どの国においても多少の関係はあると思いますが、その度合はそれぞれの国の背景によって様々なのだと思います。

      無限ラブさんの学びに祝福がありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です