宗教や真理の絶対化は戦争の原因になるか?|宗教的寛容と絶対化の問題①


宗教的寛容と絶対化の問題①: 宗教や真理の絶対化は戦争の原因になる

十字軍~人間の願望を絶対化した偽キリスト教徒によるものだった

実際には、宗教的な理由で起こった戦争はそう多く無い。

本記事は、以下の動画の内容も参考にしている。大変わかりやすくまとまっているので、合わせてご覧いただくことをお勧めする。
(【3分でわかる聖書】ハーベストタイムミニストリー提供)

確かに宗教が原因となった戦争はある。キリスト教で言えば、十字軍や、ヨーロッパで起きた30年戦争がまず思いつくだろう(ただし、30年戦争については、終わりの方は、政治的な要因が強かった)。また、ニューヨークで起こった9.11のテロは、イスラム教の過激派が、ジ・ハード(聖戦)の概念を掲げて起こしたものだった。

とはいえ、実際には、純粋に宗教が原因となって起きた戦争は、ある方々が考えている程多くは無い。戦争の百科事典(encyclopedia of wars)では、歴史上起こった1763の戦争を取り上げているが、その中で宗教的な戦争が占める割合は、は、僅か6.98%(123件)だ。

また、宗教戦争の中の割合を見てみると、イスラム教に関係した戦争は66件、それ以外の宗教的な戦争は、57件となっている。(57件という数字は、歴史上起きた戦争の僅か3.23%だ)

宗教の「絶対化」は、「押し付け」とは異なる

特定の宗教を絶対化することは、人間関係の協調性を損い、争いに発展しやすい、と考える人が多いが、この考えには、「絶対化」と「押し付け」に対する混同がある。

確かに、自己を絶対化する宗教の中で、戦争を起こしたり、人々に反社会的な影響を与えるグループも存在する。例えば、イスラム原理主義のISIS、日本ではオウム真理教や、その他の幾つかのカルト的な新興宗教が挙げられるだろう。

このような絶対化宗教の教えでは、自己の絶対化だけに留まらず、周囲の人間や社会に対しても、相手の自由意志とは無関係に、その教えを押し付ける。例えば、ISISやオウムのように人間を殺したりする場合もあるし、他の新興宗教では、強引に勧誘したり、応じない人に制裁を加えたり、無理やり壺を買わせたりする場合もある。

一方、正統的なキリスト教においては、このような方法は一切とらない。教会は、唯一絶対的な神を信じ、キリストだけが救い主だと教えるが、その教えを信じるかどうかは、終始各人の判断に委ねる。つまり、相手の自由意志を越えて、権利を侵害したり、何かを押し付けたりすることは無いのだ。

だから、たとえキリストの教えを絶対化したとしても、社会的に問題とはならない。かえって、キリストの教えの絶対化は、信者の倫理基準を大きく高めるので、社会に対する貢献度は増すことになる。ちゃんと税金を収め、家族や友人を大事にし、犯罪を犯すことはなくなるのだ。

キリストの教えを本当に絶対化すれば、戦争は起こらない

歴史上、キリスト教徒によって生じたと考えられている戦争は、実際には「偽キリスト教徒」によって起こされた戦争のことだ。なぜなら、イエス・キリストは聖書の中で、次のようなことを明確に教えているからだ。

「人を殺してはならない。人を殺す者はさばきを受けなければならない。』と言われたのを、あなたがたは聞いています。しかし、わたしはあなたがたに言います。兄弟に向かって腹を立てる者は、だれでもさばきを受けなければなりません。」(マタイ5:21-22

わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。」(マタイ5:44

だから、キリスト教徒だと自称しながら、一方で戦争を引き起こす者は、キリストの教えを絶対化しているのではなく、自分の願望や欲望や絶対化しているのだ。またこのような願望や欲望は、キリスト教徒でない人々にとっても、常に戦争の原因となっている。

もし、全ての人々が、「敵をも愛さねばならない」というキリストの教えを絶対化するならば、今すぐに、真の平和が、世界中に訪れるだろう。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. わたしは多分欲深い より:

    敵をも愛せという教えは多分、キリストだけでは無いと思いますよ。
    宗教家ではなくとも、敵対する勢力に与する個人を愛す、という考え方は、世界中に珍しくなくあった筈です。
    もちろん、そういう考えを持った立派な人格者は各々の集団の中で少数に限られるでしょうが。

    人間が生まれて、まともに家族の愛を受けて、良い友人に恵まれ、ちゃんとした教育を得る機会さえあれば、人種も宗教も国も民族も関係無く、人間は本来全て愛すべき存在である事を気付ける事は決して珍しい事ではない筈です。

    宗教が戦争の口実になる経過は珍しくないし、現状もイスラム教徒がどうので爆撃や内戦は絶えず難民も溢れ出している状況で、キリスト教ばかりが本当に世界の混乱を終息するのに相応しいのか、正直疑問です。

    キリスト教の正当性以前に、人間全体がもう制御不能だと思います。
    信仰云々以前に、消費を前提とした経済モデルが失敗なのであって、全人類がキリスト教徒になるより前に、エネルギーとか食料とか鉱物資源とか、そういうものの分配とかが革命的な変化をしないと、世界平和とかありえないと思います。

    でも、そんな事は無理です。
    社会的優位にある人はその優位を未来永劫守りたいと思うし、それを権利化する為の人類史ですよ、実際。
    貧しい人はこれからも搾取されますし、弱い国はこの先も先進国が踏み荒らしますよ。

    キリスト教が正しくとも、人類は全体としては殆ど進歩していないし、カトリックなんか偽司祭みたいな悪行三昧な人だらけに思いますよ。
    これからも宗教をダシに混乱は起きますし、誰かを悪者にしてやっぱりキリスト教は正しいと鼻息荒くして演説する人も多く出てくると思います。
    で、悪者は問答無用に蹂躙、その土地の善良な人らはみんな難民化。

    根本的に振り返りができてないですよ、人類は。

    考えたくもないけど、ノアの大洪水以前が今みたいな状態だったら、もしかしたら全能者は洪水を起こすかもしれません。
    全能なんだから、何かしら他の手段を取ってほしいトコですが、それはともかく今の国際社会の酷いこと。

    私はともかく、信仰、国籍、民族を問わず、この世界は善良な人は珍しくないです。
    救われる人ができるだけ多くある世界であって欲しいです。

    • true-ark より:

      「宗教が戦争の口実になる経過は珍しくないし、現状もイスラム教徒がどうので爆撃や内戦は絶えず難民も溢れ出している状況で、キリスト教ばかりが本当に世界の混乱を終息するのに相応しいのか、正直疑問です。」

      >この点、少し誤解があるようです。キリスト教が世界の混乱を終息することはありません。再び天から戻ってくるイエス・キリストが、この世界の混乱を終息することにあります。この点は、聖書の神の約束の主要な部分です。

      この世界の悪い状態に、かなり心を痛めておられるようですね。お気持ちわかります。心の優しい人であれば、誰でも同じように感じるのだと思います。もしもノアの時代が今日の世界のようだったら、、と言われますが、まさにその通りです。

      そして、まさに今のこの時代、全能の神は、全く同じ裁きを地上にもたらそうとされています。聖書の預言を紐解けば、今がまさしく、かつてのノアの大洪水のような裁きが再びもたらされる時代に生きていることがわかります。

      聖書が教える「イエス・キリスト」と、「キリスト教」は分けて考えなければなりません。実際にイエスは、次のような例え話を語りました。

      ===========
      、「天国は、良い種を自分の畑にまいておいた人のようなものである。 25人々が眠っている間に敵がきて、麦の中に毒麦をまいて立ち去った。 26芽がはえ出て実を結ぶと、同時に毒麦もあらわれてきた。 27僕たちがきて、家の主人に言った、『ご主人様、畑におまきになったのは、良い種ではありませんでしたか。どうして毒麦がはえてきたのですか』。 28主人は言った、『それは敵のしわざだ』。すると僕たちが言った『では行って、それを抜き集めましょうか』。 29彼は言った、『いや、毒麦を集めようとして、麦も一緒に抜くかも知れない。 30収穫まで、両方とも育つままにしておけ。収穫の時になったら、刈る者に、まず毒麦を集めて束にして焼き、麦の方は集めて倉に入れてくれ、と言いつけよう』」。 31また、ほかの譬を彼らに示して言われた、「天国は、一粒のからし種のようなものである。ある人がそれをとって畑にまくと、 32それはどんな種よりも小さいが、成長すると、野菜の中でいちばん大きくなり、空の鳥がきて、その枝に宿るほどの木になる」。 33またほかの譬を彼らに語られた、「天国は、パン種のようなものである。女がそれを取って三斗の粉の中に混ぜると、全体がふくらんでくる」。 34イエスはこれらのことをすべて、譬で群衆に語られた。譬によらないでは何事も彼らに語られなかった。 35これは預言者によって言われたことが、成就するためである、「わたしは口を開いて譬を語り、世の初めから隠されていることを語り出そう」。 36それからイエスは、群衆をあとに残して家にはいられた。すると弟子たちは、みもとにきて言った、「畑の毒麦の譬を説明してください」。 37イエスは答えて言われた、「良い種をまく者は、人の子である。 38畑は世界である。良い種と言うのは御国の子たちで、毒麦は悪い者の子たちである。 39それをまいた敵は悪魔である。収穫とは世の終りのことで、刈る者は御使たちである。 40だから、毒麦が集められて火で焼かれるように、世の終りにもそのとおりになるであろう。 41人の子はその使たちをつかわし、つまずきとなるものと不法を行う者とを、ことごとく御国からとり集めて、 42炉の火に投げ入れさせるであろう。そこでは泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。 43そのとき、義人たちは彼らの父の御国で、太陽のように輝きわたるであろう。耳のある者は聞くがよい。 (マタイ13章)

      ==========

      キリスト教内における様々な悪事や混乱は、全て毒麦です。しかし、中には良い麦もあり、神は毒麦をすぐには刈り取らず、この世の終わりにまとめて精算の時を迎えるのです。

      ですから、一つ確かなこととしてお伝えしたいのは、神がこの世の悪を終わらせる時は迫っているということ、それゆえに復活し今も生きているキリストに対する信仰を持ち、神の子供となり、新しい世で生きる希望を持っていただきたいのです。

      この約束について、様々な疑問があることでしょう。当サイトでは、聖書の預言について、神の約束の信頼性について、豊富な記事を提供しております。是非、引き続き、学びを深めてみて頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です