元ヨガインストラクター 人生を変えた神との出会い|マイク・シュリープ

マイク・シュリープは、元グルで(グルとはヨガの先生の呼称)400人の生徒に四つの大学でヨガを教えていた。神秘的な東洋の宗教に深く係わっており、一日12時間ほどを、瞑想やお経やヨガに費やし、「神の意識」というものを手に入れようとしていた。

しかし、ある日彼の友達は彼に手紙をよこし、「あなたのやっている方法では神は見つからない」と言ってきた。

彼は最初、その手紙を拒否した。なぜなら、一つだけの宗教を選ぶよりも、世界中の様々な宗教を受け入れる方が、愛であり、賢明だと思っていたからである。

しかし、ある日彼は気が変わり、一日だけイエスに自分の時間を捧げてみようと考えた。そして、もしそこに本当に神がいるなら、超自然的に示して欲しい、と祈りの中で願いを述べた。

彼はその日、12時間を聖書を読むことに費やしたが、その後、彼は神との出会いを経験し、人生を大きく変えることとなった。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です