天国の訪問―神の王座、天使、キリスト再臨と携挙|リバース・テスキ

天国の体験(8:00~)

リバース・テスキ婦人は、あるクリスチャンたちの集まりに参加していた時、主の臨在に満たされて天国を体験した。そこは、愛と平和で満たされている場所で、とても明るい光で溢れていた。彼女はそこでイエスに会い、また彼の広大な王座、賛美を捧げる天使たち、祭壇や、黄金の光で輝くガラスの海、など、天国にある多くの物を見ることを許された。

主(キリスト)の再臨の幻

その後、リバース婦人は、この世の終わり・キリストの再臨の時の幻を与えられた。その時、空全体の光景は、イエス・キリストで一杯になり、主の足は地に立っていた。主の顔は愛と憐れみで満ちていたが、同時にもう戻ることはできない、という表情だった。主の後ろには数千数百万の天使たちが従っており、主の号令によっていつでも戦う準備が完了していた。主のことを拒絶し、罵っていた人々は、完全な恐怖に満たされ、一斉に叫びだした。

 

天国と地獄は本当にあり、私たちが生きているこの時代に、キリストは再臨するだろう。主を信じ天国に行く道を選ぶのか?主を拒絶し、主の再臨の日を恐怖によって迎えるのか、どちらの道を選ぶのか、一人一人が真剣に考えなければならない。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です