大艱難時代の幻を見た|復活、携挙、新世界秩序、大リバイバル、666


Ken Peters 患難を見た パート②
Ken Peters 患難を見た パート③

無知だった Ken Peters に明かされた大患難の幻

1980年、聖書を知らないカトリックの若者、ケン・ピーターが、突然夢の中で、大患難時代の詳細な幻を見た。

彼の見たヴィジョンは、まさに聖書のヨハネ黙示録や、その他の終末預言に描かれている内容と、全く一致するものだった。

そのヴィジョンは、世界的に起こる突然の死者の復活から始まり、携挙、世界的な大混乱へと続いていく。イエス・キリストとの真の関係を持ってた人は皆天に挙げられ、そうでない取り残された全ての人々は、かつてない恐怖に襲われていた。

反キリストによる新世界秩序~大迫害と666

悲嘆に満ちた世界の中、新しい世界の方向性をリードする、カリスマ的指導者「反キリスト」が登場する。世界中の人々は、彼の提唱する政策に同意し、新たな世界のシステム「新世界秩序」を受け入れていく。

一方で、聖霊に力によって、世界中で大リバイバルが起こりはじめ、至るところで、イエスや使徒たちが行ったような強力な業が起こり始める。

サタンは、このリバイバルに激怒し、世界的に大迫害が起こりはじめる。

世界中は、666の印を受けないと、売り買いができないシステムへと移行し、それを拒むクリスチャンは、次々と収容所に送られていく。

迫害の最中、そこでピーターが見たものとは?

 

なお、大艱難時代の出来事について、聖書が語っている内容については、以下の記事で、時系列に書いている。合わせてご覧いただくことで、聖書の理解がより深まるだろう。

これから世界で起こること②―携挙、大患難時代、キリストの再臨

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です