サーフィンを愛する全ての人へ~エンドレスサーフへの招待状

サーフィンを愛する全ての人へ~エンドレスサーフへの招待状

「これからの人生は、ずっと今日の繰り返しでいい」

この言葉は、サーフィン界のスーパースター「ケリー・スレーター」が、
あるサーフトリップで最高の波を満喫した後に、語った言葉です。

「愛する家族や仲間たちと一緒に、
最高の波を、いつまでも楽しめたら、
どんなに幸せなことだろう」

サーフィンを愛する人なら、誰でも一度は抱く願いではないでしょうか?

サーフィンは素晴らしいスポーツです。海という大自然の恵みの中で、波のエネルギーを感じながら、その上を走っていく爽快感、その時に感じる喜びは、他の何物にも変えがたいものです。

愛する家族や仲間たちと、最高の波で、最高の時間を過ごした後、私たちの心の中には、素晴らしい時間を与えてくれた、豊かな自然の恵みに対する感謝、そして、この素晴らしい時間がいつまでも続いて欲しい、という永遠への願いが生まれます。

この記事の目的

この記事は、サーフィンを愛する全ての人に、とても大切な二つのことをお伝えするために作られました。

一つ目は、万物を造り、日ごとに命と豊かな自然界の恵みを与えてくれている、私たちが本当に感謝すべき「クリエイター」の存在について

二つ目は、愛する家族や仲間たちと、最高の波に囲まれて、いつまで幸せに生きたい」という願いに対して、クリエイターがあなたに与えている「現実的な希望」についてです。

豊かな恵みを与えているクリエイターの存在

earth 地球

私たちはなぜサーフィンを楽しむことができているのでしょうか?
少し考えてみるとわかることですが、私たち人間がこの星で生き、大自然の恵みによってサーフィンというスポーツを楽しむことができるのは、数え切れないほどの環境条件が、完璧に満たされているためです

例えば、地球の大きさと質量、自転率、地軸の傾き、太陽からの距離、銀河の中における太陽系の位置、これらが全て適切な値で無ければ、多様な生命が存在することはあり得ません。

また、地球の磁場やオゾン層・大気・水、月の存在も、生命の維持にとって不可欠な要素です。ここで、月の存在について、少し掘り下げて考えてみましょう。

月は偶然に存在しているのか?

moon 月

サーファーは、潮の干潮を気にしますが、このような潮の動きには、月の存在が大きく関係しています。

月は、地球からおよそ38万キロ付近で周回することで、安定した潮の干満が引き起こしています。もし月の位置が現在の場所から1/5でも離れていたら、地球上の大陸が一日に2回、沈没していたことでしょう。

また月の存在は、地球の地軸の安定に貢献しており、もし月が無かったとすれば、地球はふらふらと回るコマのようになり、気候や潮の流れが、安定することは有りえませんでした。今地上に存在する生命の多くは、存在することさえできなかったのでしょう。

このように、生命の維持のために、あまりにも整えられた地球環境について考えていくと、一つの疑問が湧いてきます。それは、地球という星に、たまたま生命が存在するようになったのではなく、むしろ誰かが予め、生命を存在させるという目的のために、地球という星を造ったのではないか?というものです。

クリエイターによる宇宙の創造は、科学と矛盾しない

Einstein アイン・シュタイン

アイン・シュタインは、科学の探求を通して、創造者の存在を確信していた。

このような考えは、一見信じられないように思えるかもしれませんが、実は全く非科学的ではありません。例えば、万有引力の法則の発見で有名なアイザック・ニュートンをはじめ、コペルニクス、ケプラー、ガリレオ・ガリレイ、アイン・シュタインなど、近年の科学の発展に大きく貢献してきた科学者たちは、神が万物を創造したことを、固く信じていました。

この点について、アイン・シュタインは、次のような名言を残しています。

「科学を真剣に追究している者は誰であっても、宇宙の法則の中に神の霊が顕在していることを、確信するに至るのです。

海は偶然に生命を生じさせたのか?

diving_sea-creatures 海の生物

地球上で最初に生まれた生命は、サーフィンにとっても欠かせない「海」の中で発生したと、進化論を支持する科学者は考えています。多くの日本人は、この説を信じていますが、これは本当の話でしょうか?

現代の科学の発展により、地球上で最初に生じたとされる生物でさえ、驚くべき高度な仕組みを持っていることがわかってきています。

かつて、イギリスの有名な科学者「フレッド・ホイル」は、生命が偶然に発生する確率を計算したところ、次のようなコメントを残しています。

「最も単純な単細胞生物が、ランダムな過程で発生する確率は、『がらくた置き場の上を竜巻が通過し、その中の物質からボーイング747が組み立てられる』のと同じくらいである。」

boing747

生物が偶然にできる確率は、飛行機が偶然にできる確率と同じである

サーフボードでさえ、偶然にできることは無い。

もし私たちが、波に乗るために丁度良い形に整えられた板を海辺で見つけたら、それが偶然にできたとは思いません。それを造ったシェイパーが存在すると考えます。

そうであれば、それよりも遥かに高度な構造を持った最初の生命が、原始の海で偶然に発生したと考えることができるでしょうか?

サーフボードの存在は、その背後にシェイパーがいることを示しているのと同じように、地球上の生命の存在は、その背後にクリエイターが存在することを、はっきりと示しているのです。

surfboard サーフボード

サーフボードでさえ、シェイバーがいなければ、偶然にできることはあり得ない

私たちは、何のために造られたのか?

全ての生命、また宇宙とそこにある星々を造ったクリエイターとは誰でしょうか?答えを知るのは難しくありません。その答えは、人類史上最大のベストセラー「聖書」の中に、はっきりと示されています。

「はじめに神は天と地を創造した」

サーフボードが、「波に乗る」という目的があって造られたのと同じように、人間にも「造られた目的」が存在します。

その目的とは、「人間がクリエイターである神と共に、永遠に幸せに生きること」です。神は、自然界に存在するあらゆる恵みを創造し、人間がいつまでもその恵みを楽しむことができるようにと、人間を造ったのです。

創造者があなたに約束していること

family-pier-man-woman-39691

残念ながら、今の人間と世界の状態は、神が最初に造った本来の目的からは、大きく外れています。しかし、人間に永遠の命と幸福を与える、という神の目的は、決して変わったわけではありません。

神は、この世界とそこに住む人間が、やがて創造された本来の目的に沿って、永遠の命を楽しむことができると、約束してくれているのです。

そうです、愛する家族や仲間たちと、最高の波に乗りながら、いつまでも幸せに生きたい、というあなたの願いが実現することを、神はあなたに約束しているのです。

「神は彼らとともに住み、・・彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、もはや過ぎ去ったからである。」(黙示録21:4)

神の約束は信頼できるのか?

bible2

クリエイターである神の約束が信頼に値することは、これまでの歴史にことごとく成就してきた聖書預言を調べれば、はっきりとわかります。実際のところ、どんなに不可能に思える預言であっても、歴史を通じて、神の約束が果たされなかったことは、一度もありません。

例えば、聖書の中には救い主に関する100以上もの預言がありましたが、それらは全て、イエス・キリストという一人の人物に、完璧に成就しました。

またイエスは弟子たちに、「あなたがたは力を受け・・地の果てにまで、わたしの証人となります。」(使徒1:8)と語りましたが、この預言通り、キリスト教は世界最大の宗教となりました。

また、その正典である聖書は、累計頒布数4000億近くで、人類史上最大のベストセラーとなり、翻訳言語数も二千言語以上で、他の本の追随を全く許さないほどの、別格の地位を誇っています。

このように、私たちには、聖書預言を通して明らかにされている、神の約束の実現を待ち望むべき、十分な理由があるのです。

今回は、神の約束が記されている聖書の重要な教えを、約30日で理解することができる、メルマガを用意しました。

もしもあなたが、あなたに命と喜びを与えているクリエイターについてもっと知り、愛する家族や仲間たちと、最高の人生をいつまでも楽しみたいと本当に願うなら、是非以下のフォームからメルマガに登録して、その希望が現実であることを知って下さい。


*お名前|Name

*メールアドレス|E-Mail


お勧め記事

今回の記事と合わせて、以下の記事も是非読んでみて下さい。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です